なかよしガイド

「なかよしガイド」について

昨年たくさんの方にご好評頂いた個人向けガイド「なかよしガイド」は、令和3年度も実施いたします。

昨年度とは料金、内容を変更して実施することとなりましたので、詳しくは以下文章をご確認のうえ、お申し込みください。

申し込み方法

1日1件先着順となりますので、来園日が決まりましたらお早めにお申し込みください。

なかよしガイドは動物種、日時が決まっています。実施内容スケジュールにはこちらをご覧ください。

予約状況は当園ホームページ内「なかよしガイドカレンダー」をご確認ください。

申し込み受け付けは下記の申込フォームからのみとなります。ご了承ください。

※4月21日12:00より申し込み受付を開始いたします。

「なかよしガイド申込フォーム」

来園予定日の1週間前までにお申し込みください。

ご連絡後3営業日経過しても当園から返信がない場合はご連絡ください。

キャンセルなど、予約内容を変更する場合はお早めにお知らせください。

動物の状態によっては当日実施内容が変更となる場合もあります。

実施内容

実施内容の詳細は各コース名をクリックしてご確認ください。

コース

ニホンツキノワグマ

実施日時:5月2日・16日、6月6日・20日 15:30~16:30

最大参加人数4名

ニホンツキノワグマの個体紹介やウラ話、生態や保護、動物たちの健康のために行っている飼育の工夫についての解説を聞きながら、給餌体験をします。

後半は、通常入ることのできない獣舎内で“姫”と“リオ”の2頭を寝室に入れる体験をします。

給餌体験:〇

獣舎内見学:〇

ホンドタヌキ・ホンドギツネ

実施日:5月11日、6月11日

ホンドギツネとホンドタヌキの個体紹介やウラ話、生態や動物たちの健康のために行っている飼育の工夫についての解説を聞きながら、放飼場での採餌の様子を観察します。

給餌体験:×

獣舎内見学:×

ホンドテン・ハクビシン・ニホンアナグマ

実施日:5月7日、6月22日

ホンドテン・ハクビシン・ニホンアナグマの個体紹介やウラ話、生態や動物たちの健康のために行っている飼育の工夫についての解説を聞きながら、放飼場での採餌の様子を観察します。

給餌体験:×

獣舎内見学:×

樹木観察と森の小さな動物たちガイド

実施日:5月21日

当園の樹木博士と一緒に園内散策しながら、季節の樹木や草花を観察します。その後、資料館のホンシュウモモンガやムササビ、ノネズミに木の枝を与え、採餌の様子を観察します。

給餌体験:×

獣舎内見学:×

野生動物探検隊

実施日:5月24日、6月7日

自然豊かな当園には多くの野生動物が生息し、園内に仕掛けたトラップカメラには様々な動物の姿が映っています。野生動物たちの暮らしについての解説を聞きながら、飼育係と園内を散策します。

給餌体験:×

獣舎内見学:×

日本生態園ゆるっとコース

実施日:5月1日、6月4日

当園の里山の動物たち(ニホンザル・トウホクノウサギ・ホンドテン・ハクビシン・ニホンアナグマ・ホンドタヌキ・ホンドギツネ・ニホンリス・ニホンツキノワグマ・ニホンイノシシ)の魅力をめいっぱい詰め込んだ解説を聞きながら、飼育係と一緒に観察します。

給餌体験:×

獣舎内見学:×

ピューマ

実施日:5月17日、6月14日 11:30~12:30

生態・個体についての解説やウラ話を聞きながら、オスのタフへの給餌体験と優れたジャンプ力の観察をします。その後、メスのニーナとの放飼入れ替え作業を見学します。

ニーナへの給餌体験も挑戦しますが、できるかどうかはニーナお嬢様の気分次第ですのでご了承下さい。

給餌体験:〇

獣舎内見学:×

カナダカワウソ

実施日:5月25日 14:00~15:00

※どれか一つを選択してください。

①給餌セット(サイコロ)

生態・個体についての解説やウラ話を聞きながら、飼育係が放飼場内で給餌する魚や肉を食べる様子を観察します。また、放飼場外からの給餌やエンリッチメントとして使っているサイコロフィーダーに切り身を詰める作業を体験し、カワウソたちがプールでフィーダーを使っている様子を観察します。

②給餌セット(活魚)

生態・個体についての解説やウラ話を聞きながら、飼育係が放飼場内で給餌する魚や肉を食べる様子を観察します。また、放飼場外からの給餌体験後、プールに放された活魚をダイナミックな泳ぎで追いかける様子を観察します。

③イケスツアー

生態・個体についての解説やウラ話を聞きながら、放飼場外からの給餌体験をします。その後、園内にあるイケスまで飼育係と一緒に移動して活魚すくいに挑戦し、プールに放した活魚をダイナミックな泳ぎで追いかける様子を観察します。

給餌体験:〇

獣舎内見学:×

ポニー・アカカンガルー・アメリカバイソン・エミュー

実施日:5月28日

ポニー

生態・個体についての解説やウラ話を聞きながら、通常よりも間近での観察や給餌体験をします。

カンガルー・バイソン・エミュー

生態・個体についての解説やウラ話を聞きながら、通常は入ることのできない獣舎内からアメリカバイソン・エミュー・アカカンガルーを間近で観察します。また、アカカンガルーに給餌体験をします。

給餌体験:〇

獣舎内見学(バイソン・エミュー・カンガルー):〇

子供動物園(ラマ・アルパカ・ウシ・ロバ・ヤギ・ヒツジ)

実施日:5月14日・31日、6月15日

コンタクト舎

ヤギ・ヒツジの個体紹介やウラ話を聞きながら、給餌体験をします。また、エンリッチメントとして使用しているサイコロフィーダーやヘイネットにペレット等を詰める作業を体験し、採餌の様子を観察します。

ファーム舎

ウシ・ロバ・ラマ・アルパカの生態・個体についての解説やウラ話を聞きながら、放飼場にいる動物たちに給餌体験をします。その後、通常は入ることのできない獣舎内で動物たちのごはんや寝室などを見学します。

給餌体験:〇

獣舎内見学:〇

アフリカゾウ

実施日:5月5日、6月8日 13:00~14:00

アフリカゾウについての解説や、動物たちの健康のために行っている飼育の工夫、“マオ”にまつわる様々なウラ話を聞きながら、獣舎内のお部屋の見学をします。後半には、“マオ”のお鼻に触ることができる!?かも…。

給餌体験:〇

獣舎内見学:〇

ライオン

実施日:5月3日・10日、6月18日 15:00~16:00のみ

生態や個体についての解説やウラ話を聞きながら、ライオンを観察します。

給餌体験:〇

獣舎内見学:×

キリン・グレビーシマウマ・シタツンガ・ダチョウ

>実施日:5月4日、6月21日 11:00~12:00

キリン・シマウマ・シタツンガ・ダチョウの生態や個体紹介、ウラ話や動物たちの健康のために行っている飼育の工夫についての解説を聞きながら、キリンのハズバンダリトレーニングの様子を観察します。

給餌体験:〇

獣舎内見学:〇

アフリカ園ゆるっとコース

>実施日:5月18日、6月1日

アフリカ園の動物たちの生態や個体についての解説、ウラ話をゆっくりじっくり聞きながら、今の暮らしの様子を見学します。(アフリカゾウ、ライオン、シロサイ、フラミンゴ、ケヅメリクガメ、キリン、グレビーシマウマ、シタツンガ、ダチョウ)

給餌体験:×

獣舎内見学:×

昆虫採集ガイド

初回は7月の予定 13:00~14:00

自然豊かな園内で、虫に詳しい飼育係の解説を聞きながら、一緒に昆虫採集を行います。(雨天時も昆虫採集はできますが、悪天候の場合は室内での昆虫飼い方教室等に変更することがあります)。虫取り網は無料で貸し出しいたします。

給餌体験:×

獣舎内見学:×

※獣舎内見学の実施は動物種によって異なります。これまでに、新型コロナウイルスにイヌやネコが感染したと考えられる事例が数例報告されています。また、動物園のトラやライオンの感染事例も報告されています。これに伴い、新型コロナウイルスの感受性が他の動物種よりも特に高いとされている動物種においては、感染予防のために動物との適度な距離感を保った上でのガイド実施となります。ご了承ください。

所要時間

1時間

利用料金

3500円/人(中学生以下無料)

定員

1日1件1組まで

先着順・参加人数1組5名まで(ニホンツキノワグマのみ4名まで)

受け入れ時間

11:00~15:00の間

(動物種によって実施時間が決まっているものもあります。各コースをご確認ください。)