お知らせ

「ツキノワグマの“月美”が死亡しました」2018/12/21

12月18日にメスのツキノワグマ、“月美”が亡くなりました。
月美は夏から咳をするようになり、詳しく検査したところ、心疾患と肝疾患が疑われたため、治療を続けてきました。その間ずっと食欲は旺盛でしたが、1週間ほど前から食べる量が減り始め心配していました。例年12月には冬眠に入るのですが、とても高齢であることを考慮し、部屋を温めて冬眠を促さないこととして様子を見ていました。ところが顕著な状態の変化を示さないまま、12月18日に死亡を確認したところです。死因は心不全と肝不全でした。
野生でのツキノワグマの寿命は24~30歳と言われ、動物園での飼育下でも30歳を超えることは稀ですが、月美は32歳で、とても長生きをしました。
皆様にはこれまで可愛がっていただき、ありがとうございました。

月美